常在菌の性病

there are many difference color of drugs

セックスの時にコンドームを付けたりと性病に対しての予防をどれだけしていたとしても、性病に感染してしまう場合があります。何故なら性病の中にはセックス以外で感染してしまうものがいくつか存在しているからです。そういった性病は主に女性に感染をしやすいです。何故なら女性器が男性器と違って体の中にあるからです。そして常に一定の水分があるのも関係しています。こういった環境は性病の菌が繁殖しやすいので、男性と比較すると性病に感染してしまうリスクが高いのです。
例えばカンジダです。カンジダの感染経路は色々とありますが、その感染者の感染経路の多くは自己感染です。自己感染なので、他人の有無は関係ありません。カンジダは常在菌なので誰もが体の中に持っています。カンジダは悪玉菌なのです。しかし、普段はカンジダが繁殖しないように抑制されています。なのでカンジダが発症してしまうことはありません。ですが、風邪を引いたりして体の免疫が下がってしまった時は要注意です。この免疫が落ちたタイミングを見計らってカンジダは繁殖を始めるからです。男性の場合は性器が外にあるのでカンジダが繁殖していくことはありません。ですが男性の場合であっても包茎の人は注意してください。包茎であればカンジダが繁殖してしまう危険があります。
感染経路が自己感染なので注意のしようがありませんが、常に性器を清潔にしておくように心がけましょう。それが唯一この感染経路を予防する方法です。